頑張りを正当に評価する

女性

昇格条件を明確にする

社員の仕事へのモチベーションを上げることは、企業の業績向上に直結する重要な成長戦略の一つです。企業は組織ですが、それを動かすのはまぎれもなく人(社員)です。自発的な仕事ぶりが社員に求められていると言っても良いでしょう。ですので、社員のモチベーションを高めるための仕組みが、企業に求められています。その方法の一つがスキルアップのための制度確立や昇格条件の明確化です。仕事をするのは、第一義的には給料のためです。当たり前の話ですが、社員一人ひとりには家庭があり、生活があります。そのために高い給料を得ようとするわけです。社員自身が将来設計できるように、例えば勤続何年で給料がどの程度になっているか、という見通しを知らせておくことが大事です。同時に、昇格の条件も明瞭なものとして確立しておくこともモチベーションの向上には大事なことです。昇格試験を行う場合もその公平さを担保することと、そういう理解を社内に広めることも大事です。また、昇格のための研修制度を設けておくのも効果的な方法です。自社が私たち社員を育てたいという意図を伝えることも大事な点です。社員にとっては、私たちは必要とされているという実感を生み出すからです。こうしたことを通して、「頑張れば給料があがる」「成果は正当に評価される」というメッセージを伝えていくことがポイントです。努力や成果が認められるような仕組みづくりが、ひいては仕事へのモチベーションを高めることにつながるのです。