活気のある職場作り

社内

会社を支えているのは社員

社員満足度って知っている様で経営者が考える満足と働いている人が感じる社員満足は微妙に異なります。昔から現代に至るまで過労死が多発しています。ノルマでやる気を出させるのも悪くはありませんが、そのノルマはその人にとって過剰か適正か判断出来る人を育てているのでしょうか。上司によって社員満足はかなり変わってきます。社員満足といっても一人一人望むものが違うので、多種多様なプランを用意しておかなければなりません。福利厚生を大切に思う者。スキルアップを目指す者。沢山の給料が欲しい者等様々です。雇用主から考えても社員満足度によって生産率は向上し活気のある会社になるので、より良い環境で楽しく働いて貰える努力が必要です。昨今ではスグに使える人材を雇うだけで、社内で新人を育てる人や時間が無い会社が多くみられます。社内研修や新人をフォロー出来るサポート体制が必要です。人を教える事によって教える側も成長するチャンスをドブに捨てるのは勿体無い事です。上に立つ上司こそ新人を教え導き、その人個人の特性を見出しその個人が1番力が発揮出来る部所、部門へ移動させてあげるまでのスキルが欲しいものです。その為の社員研修を実施し、人の上に立つ人間を早急に育てる必要があります。先ず上の立場の人から変わっていくのです。そうすれば自然と社員全体が変わってきます。何事も速い速度で変えようと思うのならば、経営者や上司の考え方を変えるのが早道です。